ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

格安SIM

携帯電話は少し前まで

ドコモ、AU、ソフトバンク等のキャリアと契約をするしかありませんでした。

 

今では上記のキャリアの回線を借りて運営する格安通信会社が多くあり、

 

それらの会社のSIMカードに

差し替えることで携帯料金を格段に下げることができます。

 

そんな格安SIMを提供する会社は山ほどあるので

月額料金が安くて定評のある格安SIM提供会社をランキングにしてみました☆

 

月額料金を安く抑えられる格安SIMランキング

1位 mineo(マイネオ)

公式ページはこちら

ドコモやAUのユーザーならスマホはそのままで電話料金だけ削減できるのが◎

キャンペーンにより初年度は月額410円(税抜き)という安さを実現!

MINEOにはパケットの繰り越しに加えて誰かにプレゼントしたら逆にもらえたりする独自システムがあります。

電話番号も勿論そのままで乗り換えできますので今イチ押しの格安SIMです☆

公式ページはこちら

2位 BIGLOBE モバイル

公式ページはこちら

iPhoneを含め、ドコモのスマホがそのまま使えるBIGLOBE モバイルです。

音声通話3ギガで1,600円。インターネットだけのデータプランなら900円です。

キャッシュバックキャンペーンによって初年度の月額が実質600円(税抜き)となっており、破格です☆

公式ページはこちら

3位 DMMモバイル

公式ページはこちら

有名企業DMMの格安SIM、業界最安値のプランを多く提供しています☆

データ使用量2ギガや5ギガの契約をしたい方にとってはナンバーワンチョイスになります♪

基本料金自体が安く、キャンペーン終了によって基本料金が変わったりもしないから分かりやすいです。

公式ページはこちら

4位 UQモバイル

公式ページはこちら

最低月額1980円と少し高いものの、5分以内の国内通話なら何度でも通話無料というのが嬉しいところ☆

その他の格安スマホの場合には、通話料がプラスでかかることが多いので、

インターネット利用よりも、電話を掛けることが多いという人はUQモバイルのほうがお得ですね♪

公式ページはこちら

5位 【TSUTAYAの格安スマホ】TONEモバイル

公式ページはこちら

月額1,000円でインターネットを使い放題というTSUTAYAが出している格安スマホ。回線はドコモと同じ回線を使用しています。

端末も買う必要があるのでスマホデビューの方におすすめです。

シニア・子供向けならTONEモバイルがナンバーワンのチョイス☆

公式ページはこちら

まとめ

格安SIMは本当に良いサービスだと思います。

 

MNPという言葉を

一度は聞いたことがあるかもしれませんが

 

その手続きを行えば、

これまで使用していたスマホやガラケーの電話番号をそのまま使うこともできます。

 

そうなると、

本当に細かい違いを除けば、大手キャリアから乗り換えるだけで

 

単純に毎月の支払料金が安くなるわけです。

 

今はまだ格安SIMの様子を見ている人が多いのかもしれませんが

 

今後ますます利用者が増えていく素晴らしいサービスだと思います☆

 


プロフィール

格安SIMの魅力にすっかりとりつかれてしまったトオルです

安月給のサラリーマンの自分としては、毎月の携帯代が重くのしかかっていました。

格安SIMにしてからというもの、浮いたお金で外食したり楽しめてます☆

 

© 2018 格安SIM rss